スポンサードリンク
妊娠 出産 育児 子育てをしていく上では赤ちゃんの命名から始まり幼稚園 保育園 小学生 中学生 高校生と悩みはつきません。子育て 支援 センターやネットなどでも相談しアドバイスを受け、うまくストレスを解消しましょうね。

2006年12月30日

教育を考えてみる

教育と一言でいっても、義務教育・高等教育・社会人教育・生涯教育などがあります。この中でも、小学校から中学校という成長過程の子供に施す、人間形成に欠かせない期間の義務教育は最重要だと思います。

日本国憲法も一人一人の国民に、個人の幸せのためには基本的な教育が必要であるとの観点から、教育を受ける権利を26条で保障しています。ところが、保障された権利である義務教育には、学校間の格差の問題も浮かび上がっています。義務教育は人格・能力の発達途上の子供に対して重要な意義を有しますが、果たして子供の個性に応じた教育はできているのでしょうか?いじめ、教育基本法改正問題など、多岐にわたる問題が潜んでいます。
教育を考えてみるのつづき



スポンサードリンク
posted by 用務員 at 16:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | 教育

2006年12月04日

皇后陛下の絵本

「はじめてのやまのぼり」という絵本をご存知でしょうか。この絵本は美智子皇后陛下の優しさから作られた絵本です。

少女の一言が、この絵本をつくられるきっかけになったと、美智子様は絵本の中でお話されています。聞き流していても不思議ではないと思うような、なにげない一言を美智子様は心に留められていました。美智子様の優しさ、ひとつひとつの言葉を大切にされる気持ちが、ひしひしと伝わってきます。

人は、目に見えるものや力に支えられるばかりではなく、見えない思いや力にも支えられ、その力はとても大きなものを達成することができるという思いが、この絵本から伝わってきます。

絵はとても優しいタッチで、読み終わったときに、なんだかホッとする気持ちになります。子供だけでなく、大人、特に子育てに追われるママに読んで欲しい絵本です。人の心の優しさや、前に進む勇気、支えあう心などを思い出させてくれます。子供を持つママへのプレゼントにもおすすめですね。

スポンサードリンク
posted by 用務員 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 教育

2006年11月26日

冬休みにお金レッスン

12月に入ると、子供達はあっという間に冬休みに突入です。クリスマスお正月と、なにかと子供がお金を使う機会が多くなります。これを機に、子供の金銭教育を始めるっていうにはどうでしょう。子供たちは意外と大人を見ています。まず、最初は大人が自分たちの金遣いを見直すことです。親がルーズなお金の遣い方をしていたら、子供もだらしないお金を使うようになります。これは親だけでなく、おじいさんおばあさんでも同じですから、協力も必要です。

おじいさん、おばあさんも、会うたびに頻繁にお孫さんにおこづかいを渡すのではなく、お年玉入学祝誕生祝いなど、メリハリをつけて、お金や品物をプレゼントするのが好ましいのです。例えば、みんなで食事をしたとき、おじいさんおばさんにまとめて支払ってもらい、お父さんお母さんが喜びを表現してきちんとお礼を言います。子供に「お金は人を幸せにするために使うもの」という姿勢を示すのも効果的です。

冬休みにお金レッスンのつづき

スポンサードリンク
posted by 用務員 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育
育児 休業は法で定められた出産 育児のための休暇です。最近は男性 育児 休業もあります。出産には一時金や給付金などの手当もあります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。