スポンサードリンク
妊娠 出産 育児 子育てをしていく上では赤ちゃんの命名から始まり幼稚園 保育園 小学生 中学生 高校生と悩みはつきません。子育て 支援 センターやネットなどでも相談しアドバイスを受け、うまくストレスを解消しましょうね。

2006年11月21日

家庭教師の選び方

子供の塾通い、夜中まで授業があって送り迎えなどで親も子供も大変です。どうせなら、家庭教師っていう方法もありますよね。でも、いったいどうやって選べばいいのでしょうか?まず、家庭教師を選ぶポイントとして子供の状況、理解度に応じて子供の立場で教えられる家庭教師が良いでしょう。

探す方法としては、電話での勧誘は手当たり次第のため、質に問題があるようです。授業料を一括請求する業者も、避けたほうが良いでしょう。また、知り合いからの紹介は、子供との相性が合わなかった場合は最悪です。知り合いだけに、後々関係がギクシャクしてしまうことを考えると、辞めてもらいにくいのです。無難な線では、団体がはっきりしているところを利用するのがいいでしょう。
1:大手家庭教師派遣サービス
2:学生が運用している家庭教師派遣サービス
3:インターネットでの家庭教師派遣サービス

家庭教師と契約する際の注意点として、契約内容はしっかり目を通しておいて下さい。子供との相性が悪かった場合は、すぐに変えることが出来るかどうか必ず確認しておきましょう。



スポンサードリンク
posted by 用務員 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
育児 休業は法で定められた出産 育児のための休暇です。最近は男性 育児 休業もあります。出産には一時金や給付金などの手当もあります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。